葬儀が終わった後には|遺品整理は専門業者の力を借りよう

告別式前の対応

数珠

遺族への配慮をする

不幸の知らせが届いた時に告別式前に弔問をする必要はないです。昔は何があっても駆けつけるというのが一般的なマナーと言われていましたが、今では夜10時以降の弔問は遺族側への配慮が欠けるということもあり基本的に告別式前の弔問は遠慮するのが一般的なマナーとなっています。葬儀の手配や準備で、遺族もかなり忙しいので、電話をかけてお悔やみを述べるのも控えておくことが大切です。家族を亡くした悲しみと準備に追われているので、心身共に疲れが溜まっている場合が多いのでこうした配慮も必要です。加えて、いくら故人と親しい間柄だったとはいえ、故人との対面を無理にお願いするのは控えておくことが大切です。本当に親しい間柄の場合は、遺族から直接対面して欲しいという連絡がくることがほとんどなので、そういったケースのみ弔問するのが良いでしょう。

喪家への長居は避ける

神戸でも葬儀前の喪家はどこも忙しい為、遺族もかなり疲れていることがほとんどです。葬儀前に弔問した場合で最も控えておくべきなのが喪家に長居することです。故人に線香を手向けたのであれば、できるだけ早めに引き上げることが大切です。近所であったり、遺族と親しい場合は手伝いをするのも良いでしょう。細かいことを進んで手伝ってあげる配慮も必要です。このように、不幸の連絡を受けた時から遺族や故人への対応は始まっているということを理解しておく必要があります。急な対応で慌てることが無いように、葬儀前のマナーはしっかりと頭に入れておくと良いでしょう。