葬儀が終わった後には|遺品整理は専門業者の力を借りよう

参列できない時

お葬式

早めに弔電を手配する

葬儀は前もって日取りを決めることが無い為、急に行われるのが一般的です。急な葬儀であっても、知人や友人、親しい間柄の人であれば参列するのが基本となっています。しかしながら、やむを得ない理由がある時には、参加できない場合があります。参加できないことが分かった時には、できるだけ早めに弔電を用意する必要があります。遅い場合でも、告別式の3時間前までには式場に届くようにしておくのが基本です。直接神戸の式場に足を運んで故人を偲ぶわけではないので、弔電は形式的なものになってしまいます。本当にお世話になった人や大切な人であれば、すぐに遺族に連絡して早めに弔問すると良いでしょう。

インターネットを活用する

最近では、弔電のサービスもかなり普及しており、インターネットを活用すると簡単に弔電を送ることができ、加えて安く済ませることができます。弔電に利用する台紙の種類もかなり豊富になっているので、故人に合わせて選ぶことができます。これまでは、インターネットサービスを利用しても配達日までに時間がかかりましたが、今では当日配達が可能な会社も多く誕生しているので、比較的利用しやすくなっています。葬儀に参列できないことがわかった時には、インターネットを利用して弔電を探してみるのもよいでしょう。インターネットで販売されている弔電の場合、基本的に1,000円から3,000円程度のタイプがほとんどです。弔電を送るときには名前や住所、電話番号や喪主名、文章を記入する必要があります。神戸の葬儀場の住所が分かったら直ぐに手配をするとよいでしょう。