葬儀が終わった後には|遺品整理は専門業者の力を借りよう

告別式に参加する

数珠と香典

告別式のマナーは守る

日本は古くから各地域で独自の文化を培ってきた為、今でもその風習や習慣が色濃く残っている地域が多くあります。特にこうした風習や習慣は冠婚葬祭などで顕著に現れます。葬儀を行なうときも、神戸などの中心都市部になると比較的昔ながらの習慣は残っていませんが、葬儀場や宗派によって方法やマナーが変わってくるので事前に理解しておく必要があります。神戸で告別式に参列することになった場合、式で知り合いに会う場合がありますが、この時に知り合いを見つけて話しかけるのは控えることが大切です。仕事の話や近況など、お互いのプライベートな話は慎むことがマナーとなっており、遺族にも故人にも失礼に当たります。軽く話しかける場合であっても、あまり大きな声で喋るのは控えるようにすると良いでしょう。同窓会や結婚式などの祝典でないことを理解してしっかりとマナーを守ることが大切です。

子供の参列は控える

告別式に参列した時に、遺族から通夜振る舞いをお願いされる場合がありますが、その時にはできるだけ断らないようにするのがマナーです。神戸の葬儀でも最近では通夜振る舞いをする家庭は少なくなっていますが、お願いされたのであれば箸を付けるだけでも参加することが大切です。告別式に参列する時に、小さな子供を参列させる人もいますが、極力控えた方が良いと言われています。小さな子供でも静かにできる年齢の子供を連れて行くようにすると良いでしょう。身近な人に預かってもらうことが大切です。