葬儀が終わった後には|遺品整理は専門業者の力を借りよう

お葬式

参列できない時

神戸で行われる葬儀に参列できないことが分かった時には、できるだけ早い段階で弔電を用意しておく必要があります。弔電はインターネットから簡単に申し込むことができるようになっており、台紙の種類も豊富です。

斎場を利用する

段ボール

斎場を利用して葬儀を行なうという方法もよく行われています。斎場には火葬炉や休憩室、式場、控室など様々な設備が揃っているので、参列者も快適に利用することが出来ます。自宅が狭かったり、集合住宅に住んでいるといった理由で場所を用意できないといった場合に便利です。また、葬儀社が運営を行っているため、申し込みを行ったら多くの準備を行ってもらえます。どのように準備を進めていけば良いのか分からないという場合に、このように進めてもらうと楽でしょう。そのため、親族への連絡を行ったり、弔辞を考えておいたりなどの時間を確保することが出来ます。

葬儀社と連携を行っている斎場では、様々な種類の収骨容器が用意されています。デザインの種類も豊富なので、故人のイメージに合わせて選ぶことが出来ます。通夜や葬儀、告別式を斎場で行なうことが可能ですが、そのまま火葬も行なうことが可能です。棺に故人が大切にしていた物を一緒に入れて見送っていくことが出来ます。斎場によって、入れて良いものや避けるべきものが決まっているため、これらについても確認しておきましょう。特に、ビニール製品や発泡スチロールを燃やすと公害の発生源となるダイオキシンの成分が発生されるリスクがあるので、入れないようにしておくことが必要です。他にも、スプレーや乾電池といった爆発物によって遺骨を損傷してしまうこともあります。事前に入れても問題がないか葬儀場に確認を行っておいたほうが無難であると言えます。

葬儀が終わった後には、故人の遺品整理をしましょう。遺品は種類も数もたくさんあるので、仕分けることだけでもかなりの時間が必要になります。また、どのように処分していいかわからないという物が出てくることもあります。そのようなときには、遺品整理業者に作業を依頼してみると良いでしょう。専門業者ならではの作業により、気付かない箇所に合った遺品を見つけてくれたり、正しい処分法で処理してくれたりということが可能です。数が多い写真も、データ化してDVDにするというサービスを行なっている業者もあります。遺品整理をする際には、専門業者の力を借りると良いでしょう。

数珠

告別式前の対応

葬儀に参加するときには、告別式前のマナーも理解しておくと良いでしょう。式前の弔問や電話は極力避けることが大切です。神戸で不幸の連絡を受けた時の為に頭に入れておくことが大切です。

数珠と香典

告別式に参加する

日本では昔からの風習が冠婚葬祭に残っている地域も多いですが、神戸などの都市部の葬儀では古くからの風習が残っていることが少ないので一般的なマナーを抑えておくと良いでしょう。